ピクノジェノールのおかげ

症状と効果

子宮内膜症とピクノジェノール®

不妊の原因となる子宮内膜症の治療には、ピクノジェノール®で体質改善する方法がよいとされ、アメリカでは子宮内膜症の治療方法として既に確立されています。

子宮内膜症は生理痛に似た腹痛を感じる事が多く、整理期間は深刻な腹痛を発生させる事があります。ピクノジェノール®は、炎症抑制作用があるので、子宮内膜症で炎症した臓器の腫れを抑えて、出血や痛みを軽減して症状の改善を図るとされています。

子宮内膜症は、子宮に出来るはずの子宮内膜が、子宮以外の場所に発生し、炎症を引き起こしたり癒着による痛みを伴うとされています。子宮内膜は、本来月経として使用されない場合は膣から出血して体外に排出されますが、子宮外に出来ると剥がれ落ちても出血が体外に排出されず、血が溜まって非常な痛みを伴います。

ピクノジェノール®は、子宮内膜が剥がれる事で毛細血管が損傷された箇所を修復する働きがあります。また、傷ついた組織の損傷を修復して、子宮内膜症が原因の痛みを和らげてくれます。

子宮内膜症の症状が現れやすい場所として、卵巣が多いとされています。卵巣で繰り返し子宮内膜が形成されると、卵巣内で癒着が起こって卵巣を切除しなくてはならない場合もあります。

また、生殖器だけに子宮内膜ができる訳ではなく、肺に子宮内膜ができることがあり、生理が来ると肺で出血して、大変な事になります。アメリカではピクノジェノール®を使用した治療が一般的で、子宮内膜症に効果的な鎮痛効果があることが確認されています。

スポンサードリンク

Copyright (C) ピクノジェノール®のおかげ All Rights Reserved