ピクノジェノールのおかげ

症状と効果

子宮内膜症

子宮内膜症は、通常子宮の中にできる子宮内膜が、子宮以外の場所にも内膜を形成してしまう病気です。子宮内膜とは、子宮の内側を覆う粘膜のことで、妊娠中は赤ちゃんのベットになって胎児を育てる役割があります。

健康な女性は、毎月身体が妊娠する準備を初めて、子宮内に子宮内膜を形成します、しかし、子宮内膜が形成されても妊娠しないと、子 宮内膜ははがれてしまい、月経として排出されます。

子宮内膜は子宮内に出来れば、使用されなくてもきちんと排出されて、次の妊娠準備で新しい子宮内膜を形成しますが、子宮以外に子宮内膜が作られると、不要になった子宮内膜が剥がれた時に、膣から正しく排出されないので、他の臓器に癒着するなどして、腹痛や臓器の機能障害を引き起こし、不妊の原因となってしまいます。

子宮以外で子宮内膜ができやすいのは卵巣で、卵巣で子宮内膜が形成されると、排泄されないので子宮内で繰り返し出血がおこり、最悪の場合は卵巣を摘出しなくてはならない危険性があります。

また、子宮内に子宮内膜が形成されない事で、受精卵が子宮に到達しても、着床せずに流れてしまい、不妊の原因になるのです。子宮内膜症は、一度子宮外に出来ると月経のたびに同じ場所で子宮内膜が形成されて、自覚症状がない場合は、相当悪化するまで気付かれないことも多いとされています。

子宮内膜症治療は、通常ホルモン療法が行われますが、完治が難しく再発を繰り返すとされています。子宮内膜症でも妊娠できないことはありませんが、妊娠できる確率が非常に低いので、悪化する前に治療することが求められます。

スポンサードリンク

Copyright (C) ピクノジェノール®のおかげ All Rights Reserved