ピクノジェノールのおかげ

症状と効果

更年期障害

一般に、更年期と言われる時期は、閉経の前後10年位と言われています。個人差がありますが、早い人では40代前半から、遅い人は60歳ごろに訪れるとされています。更年期は卵巣機能が老化で衰えて女性ホルモンの分泌が減ることで生じ、心身に不快な症状が現れます。

更年期障害の原因は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少することで、脳が急激なホルモンバランスの変化に対応できず、自立神経が乱れて心身の不調の原因になるとされています。

更年期障害の症状でよく見られるのが、自律神経の乱れが原因で起こるのぼせと発汗の症状です。更年期ののぼせの症状では、上半身が発汗していても、手足の末端は冷えていることが多く、のぼせの症状とともに耳鳴りが起きやすいのも特徴的です。

また、精神状態が非常に不安定であり、イライラしたりすぐにクヨクヨと落ち込んでしまったりと、感情の起伏が激しくなる事も更年期障害の特徴です。

更年期障害は急激なホルモンバランスの乱れが原因でおこなっており、女性ホルモンが分泌されなくなって、完全に閉経すると徐々に症状が治まります。更年期障害は、誰にでも起こる症状ですが、最近では更年期障害の若年傾向が目立っており、30代から更年期障害がはじまってしまう人もいます。

このような更年期障害の低年齢化は、若いころの無理なダイエットや生活習慣の乱れが原因とされています。また、女性特有の症状と思われている傾向にありますが、男性でもホルモンの分泌が急激に減少すると更年期障害が現れるとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) ピクノジェノール®のおかげ All Rights Reserved