ピクノジェノールのおかげ

フラボノイドとは

フラボノイドを含む食品

フラボノイドは、どんな植物に含まれているとされているので、野菜や果物から簡単に摂取する事が出来ます。フラボノイドは光合成によって生成されますが、苦味があるのが特徴で、多くの場合は黄色などの色素ですが、アントシアニンなどでは青紫の色素となっています。

フラボノイドは野菜や果物以外にも、豆類や穀類に多く含まれており、それぞれ食品によって含まれているフラボノイドの効果は異なります。

フラボノイドは少量で効果がある事がわかっていますが、食品から消化吸収される量は非常に少しであるとされているので、効果を高めあうように、他のフラボノイドやビタミン等の栄養素と一緒に接取するのが良いとされています。

フラボノイドは、植物が紫外線の影響から身を守るために作っている成分なので、旬の食品や熟しているもの、また多少キズや痛みがある方がフラボノイドは多く含まれています。 基本的に、食事でバランスよく野菜を食べていれば、フラボノイドが不足することはありません。

フラボノイドは、食品加工をすると50%は含有量が減少するとされており、熱を加えるよりは生のままの方が効果的にフラボノイドを摂取できるとされています。

フラボノイドは、野菜や果物などの植物に多く含まれていますが、他にもプロポリスに含まれている事が確認されており、ミツバチが集める花の蜜や花粉から取れるとされています。また、カテキン類のフラボノイドは、植物を煎じたお茶から摂取が可能で、緑茶をはじめ紅茶などからも摂取できるとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) ピクノジェノール®のおかげ All Rights Reserved