ピクノジェノールのおかげ

フラボノイドとは

ピクノジェノール®以外の成分

ピクノジェノール®は多くのフラボノイドを含み、世界でも最も強力な高さんな抗酸化作用を持つ成分として知られていますが、ピクノジェノール®以外にも、たくさんのフラボノイドを含む成分がイチョウ葉です。

イチョウ葉は銀杏で知られるイチョウの木の葉っぱで、15世紀ごろから確認されているピクノジェノール®とはことなり、2億5千万年前から地球上に存在したとされる植物で、生きた化石ともいわれています。

地球でこのような長期間に渡って生息してきたイチョウ葉は、30種類以上のフラボノイドが含まれており、ヨーロッパやアジアで薬として使用されてきました。イチョウ葉は、漢方で現在まで利用されてきており、抗酸化作用から老化防止効果等が期待されています。

また、イチョウの葉に含まれるギンコライドは、血栓ができないよう血管を広げる働きがあります。血行が促進される事で、脳の血流も改善されて、認知症などの予防にもなるとされています。

この他にも、ミツバチが樹木の皮や花から集めた樹液や花粉などで出来たプロポリスは、40種ものフラボノイドが含まれているとされています。プロポリスは、ミツバチの巣に病原菌が侵入しないように、強力な抗菌作用がありプロポリスで固めると死体も腐らないとされています。

プロポリスは、人間が摂取すると豊富なフラボノイドの力によって、免疫力の強化を行えるとされています。また、ポロポリスは天然の抗生物質といわれており、炎症を静める効果も期待されています。

スポンサードリンク

Copyright (C) ピクノジェノール®のおかげ All Rights Reserved